コーヒー

帰宅後、部屋の明かりをつけ、
彼女は、ソファで飲むコーヒーを、少し余分に落とそうと思った。

新しく買ったコーヒー豆の香りに、
昔の思い出が、少しの間よみがえった。

不満に感じていたあの頃も、
実は幸せに繋がっていたのだと、何となく感じた。

 

携帯電話が鳴った。
上司からの、不条理と思える言葉だった。

何故か、腹が立たなかった。
精一杯彼なりに生きているのだと、嫌いな上司の言葉を許した。

 

今度の休みは、実家に帰ろう・・・

仲の良かったわけでない、
疎遠になっていた親に、急に会いたくなった。

何となく、上司と似ている親を、
受け容れる事が、出来るような気がした。

気付かせてくれた上司に、彼女は感謝してみた。

 

そして、目の前のコーヒーミルは、
一人暮らしをし始めた頃の、親からのプレゼントだった事に気付く。

みんな繋がっているのね・・・

そんな事を感じながら、
マグカップを手にしたソファの彼女は、ひとり微笑んだ。

 

今日もありがとうございました。

竹内 嘉浩心理カウンセラー
There is no time like the present.
毎日のブログはこちらで書いてます 

カウンセリングの予約はこちら