スマホ

とある販社の営業の方。

人柄には、とても魅力のある方なのだが、
世間一般の目から見ると、営業に向いていないタイプ。

私はその販社の営業サポートに入った時、
その方には、結構時間を費やしていた。

周囲からは少々疑問の声が上がっていたのも事実で、
「この人に、そこまで力を入れなくても・・・」
なんて声が聞こえてもきた。

でも、その手は決して緩めなかった。

何故なら、
その方には「やる気」と「やる理由」が明確にあったから。

そして、3ヶ月目に差し掛かり、
水が100度を超えて沸騰を始めるように、突然大きな結果を残す。

我ながら、満足できるサポートが出来たと思った。
3という数字は、やはり何らかの周期を持つのでしょう。
(区切りとして自分も意識はしていますが)

30日、3ヶ月、3年(6、12等の3の倍数も含め)は、
転機を迎える事が多いですね。

 

何らかの周期を意識すると、心も軽くなるし、テンポも生まれる。
今、先が見えない何かは、ずっと続くわけでない。

そこにやる理由があるなら

 

今日もありがとうございました。

竹内 嘉浩心理カウンセラー
There is no time like the present.
毎日のブログはこちらで書いてます 

カウンセリングの予約はこちら