食卓を囲んで、自分の意にそぐわない事をすると、
声を荒げて、娘に手を挙げた父親がいた。
父親同様に、平手で殴る母親もいた。

そんな両親に育てられた娘は、
幼き頃から、いつも何かに怯えていた。

金銭的には恵まれたな家庭であったが、
彼女の心はいつも飢えていた。

そして、その飢えや寂しさを感じないように、
硬い硬い氷のバリアを、自分を守るために作っていった。

人に心を見せる事は、彼女にとって恐怖となった。

 

そして、ようやく心を開ける、
一人の友達との出会った。

彼女の心が、固い氷をようやく溶かし始めた時、
皮肉な事に、その友達は自らの命を絶ってしまう。

彼女が本音を語れる相手は、完全にいなくなった。

 

結婚をしても、子供が出来ても、
人を愛する表現は、変わる事無く出来ないままであった。

そして、数十年を経て、
あるひとつの大きな転機によって、本当の自分を表現し始める事になる。

その転機は、マイナスの出来事。

それが、彼女の心を呼び覚ます事になる。
生まれた頃に記憶していた、かすかな愛を感じながら、
彼女は自身の階段を、自らの意志で歩き始めた。

そして春の訪れの様に、
数十年に渡って固まっていた心が、
ゆっくりと、ゆっくりと溶けていった。

いつかこの時が訪れる事を、
彼女は心の何処かで、信じていたのだろう。

そしてこれからが、本当の人生の始まり。

 

予行練習を積んだ分、今感じている大きな幸福感を、
これから先も感じ続けてていくのだろう。

少し早い春の訪れを、彼女は僕に見せてくれた。

 

 

今日もありがとうございました。

竹内 嘉浩心理カウンセラー
There is no time like the present.
毎日のブログはこちらで書いてます 

カウンセリングの予約はこちら