「悩み」というものが、解決できるのか不安だったころ、
いろんな本を読みあさりました。

当時、悩みから解放される直前は、
だいたい一番最後に読む本が、この本でした。

あるがままに生きる 足立幸子

「あるがままに生きる」足立幸子著

生きている限り「悩み」というものは尽きないと思いますが、
「解決できない悩みはない」ということを確信できた頃でした。

 

※くれたけ心理相談室 4月のカウンセラークエスチョン その1 ”あなたが読んで元気になった本を一冊紹介してください”(くれたけ#61)

今日もありがとうございました。

竹内 嘉浩心理カウンセラー
There is no time like the present.
毎日のブログはこちらで書いてます 

カウンセリングの予約はこちら