社会貢献って、どういうことなんだろう。
何気なく使っている言葉に、問いをかけてみました。

社会貢献(しゃかいこうけん)とは、社会の利益に資する行いをすることをいう。 社会貢献とは、法人または団体、個人による公益或いは公共益に資する活動一般を意味し、はじめから社会に資することを目的として行う直接的な社会貢献と特定の事業や行為をすることが結果として社会貢献につながる間接的な社会貢献とがある。  ※Wikipediaより引用

上記を解釈すれば、「ありがとう」と誰かに伝えることも社会に対する貢献で、あらゆる仕事も、社会に貢献するために存在する(しなければならない)のではないかと思えてきます。

 

今日、地域で行われた「敬老会」のお手伝いに参加させて頂きました。

老人会

ご参加の皆さんが「ありがとう、ありがとう」と、笑顔で伝えてくださるお姿や、

大変であろう階段を、一歩一歩一踏みしめて上り降りされるお姿を拝見すると、その一所懸命さに、ある意味オリンピックを観ているくらいに感動をします。

もっと元をたどると、ここに居る皆さんが、私達が生きる為の環境を作ってくださったから、今日こうして私たちは生きていられるのでしょうね。

まだまだ学ばせていただくことが沢山あるなと、感じさせていただいた一日でした。

 

※くれたけ心理相談室 9月のカウンセラークエスチョン その2「今日あなたが行った小さな社会貢献は?」(くれたけ#48)

 

今日もありがとうございました。

竹内 嘉浩心理カウンセラー
There is no time like the present. ・毎日のブログはこちらで書いてます  ・カウンセリングの予約はこちら