子供の頃

 

自分よりも、周囲の人のほうが、
自分のことを判っていたりする。

捨てて良いプライドを保とうとしたり、
必要以上に自分の正当性を主張するのは、

その人を愛している周囲の人から見たら、
ある意味心苦しくて、いたたまれなかったりする。

 

がんばらなくても、愛されているし、
主張しなくても、わかっているし、
着飾らなくても、素敵だし、
認めているからそばにいる。

過去に必要だったメッキは、
今はがしたら、

その中身は金だったりするのにね。

 

今日もありがとうございました。

竹内 嘉浩心理カウンセラー
There is no time like the present.
毎日のブログはこちらで書いてます 

カウンセリングの予約はこちら