少女

当時その子は、ほとんど表現をしない女の子でした。

ほぼ毎日、顔を合わせる子でしたが、
すれ違うと、ニコリとはしてくれますが、
何か質問をしても、言葉を一つ置いてくれるくらいでした。

日々顔を合わす状態が、約2年間続いた後、
ついに、その子とお別れの時が来ました。

はじめて彼女は、
手紙を置いていってくれました。

そこには、沢山の表現を使って、
感謝の言葉が綴られていました。

 

「ありがとう」って、思っていればいるほど、
口に出して言えない時があったり、

「ごめんなさい」って、思えば思うほど、
素直に謝れない時があったりするんだなって、

自分の子供時代にもあったことを、
その子にも重ねました。

心から思っているから、言葉にできない。
なんて事が、人にはあるようです。

 

その女の子は、今は二児の母として、
幸せに過ごしている様子です。

 

今日もありがとうございました。

竹内 嘉浩心理カウンセラー
There is no time like the present.
毎日のブログはこちらで書いてます 

カウンセリングの予約はこちら