ランチ

親しき仲と、一年ぶりの会話。

親の話題になり、
元気だが徐々に年老いていく姿を浮かべつつ、
これからも幸せに過ごして欲しいと願う。

 

 

我々の世代ももちろん、どんな世代に限らず、
生を享かった瞬間から、命に限りがあることを知る。

何かを得ても磨いても、
自分の中に在るものしか使えない。

それを、ちゃんと使ってあげることが、
自分の存在への礼儀なのかと思う。

 

本当で生きているのか

誰かとと比べて、自分の生を忘れてはいないか

今日を存分に使いきっているのか

持っているものを置き去りにして、
見なくて良い欠点を眺めていやしないか

 

今日もありがとうございました。

竹内 嘉浩心理カウンセラー
There is no time like the present. ・毎日のブログはこちらで書いてます  ・カウンセリングの予約はこちら