女性

強い人を装っていても、
わかる人には、言葉ひとつで動作ひとつで
覚られてしまうものです。

そして、そのわかる人が、
応援者になってくれる人だったりします。

でも、強い人を装っていては、
「ちょっと手伝おうか」とは言えません。

 

 

不安を隠すために、
強い人を装う君がいました。

いつも、盾と矛を持っていた君は、
とても重く、いつも苦しかったのかも知れません。

 

いつの時か、
その盾と矛を持たなくなった君がいました。

弱さを見せれるようになった瞬間に、
君のことを応援する人が沢山現れました。

 

ずっと持っていた、
盾と矛から手を放すことで、

人は人で守られる事と、
本当の自分の強さも知ることが出来ました。

 

素顔の君の嬉しそうな笑顔が、
とても素敵でした。

 

今日もありがとうございました。

竹内 嘉浩心理カウンセラー
There is no time like the present.
毎日のブログはこちらで書いてます 

カウンセリングの予約はこちら