パートナー

見た目はとてもイケメンとは思えない、
不安定な三流企業に勤める彼が、とても綺麗な方と結婚をする。

結婚に至った理由はいろいろあると思うが、

ひとつポイントとして挙げておきたいのは、
彼は勘違い野郎だったということ(笑)

彼は、女性と少しでも目が合うと、
自分の事が好きなんじゃないか?と思ってしまうくらい
自信過剰なタイプだった。

 

美人の女性にも、その綺麗さは誰もが認めるほどなのに、
こと恋愛に関しては、自信を持てない方が、
少なくはなくいらっしゃったりする。

そして、自信過剰と自信の無い人が引き合ったりする。

 

これは、男女が逆のパターンでもありえることである。

 

プラスとマイナスは引き合う。

もしかして、恋愛に関して自分の欠点や欠陥などを気にしている方がいらっしゃったら、
それは、恋愛や結婚に縁がない事とは、全くの別問題であると思う。

太ってるとか痩せているとか、背が高いとか低いとか、器量が良いとか悪いとか、経済力があるとかないとか、持病があるとか健康だとか、消極的とか積極的とか、年取ってるとか若いとか、一人暮らしが長いとか、家庭の環境が良いとか悪いとか、、、

確かに優位性はあるが、
出来るか出来ないという観点では、全て関係のないことだと思う。

 

太ってる人がタイプの人はいるし、痩せ好みの人もいて、背の低いことや器量の良くないところにに安心感を持つ人もいる。経済力がなければ、一緒に頑張ろうとモチベーションが上る人もいれば、持病を労りたいと思う人も、年配好きな人も、わがまな言われるのが好きな人も、家庭の環境が良くない大変さに二人の絆がさらに深まるケースもある。

 

心の中の「出来ない理由」という思い込みのブレーキを外せば、
今までのことがウソの様に、良縁が目の前に現れたりする。

もし、恋人や結婚相手を求めているなら、

先ずは、今思っている出来ない理由は理由ではない。
という認識をしてみるだけでも良いかもしれません。

 

 

今日もありがとうございました。

竹内 嘉浩心理カウンセラー
There is no time like the present. ・毎日のブログはこちらで書いてます  ・カウンセリングの予約はこちら