晩夏

夏の盛りが過ぎ、少し涼しさを感じるようになると、

猛暑から開放されるほっとした気持ちと同時に、
なんとなく寂しさがにじみ出てきたりします。

 

その寂しさは、

ワクワクで過ごした夏休みが終わってしまうという、
子供の頃の名残なのでしょうか

花火のように消えてしまった、
夏の恋に対する悲しさなのでしょうか

はたまた、手に届くくらい近かった空が、
どんどん高く遠ざかってしまう不安なのでしょうか

寂しさの理由は、
人それぞれなのかも知れません。

 

何れにしても、その感覚は、
夏を、精一杯生きてきたゆえの、証なのでしょう。

だからその後に、
実りの秋というものが、迎えにきてくれるのでしょう。

 

今日もありがとうございました。

竹内 嘉浩心理カウンセラー
There is no time like the present.
毎日のブログはこちらで書いてます 

カウンセリングの予約はこちら