大学生の青年は、
一人で、初めての銀行に向かっていました。

アルバイト代の振込をする、口座を開くためでした。

しゃぼん玉

日差しのとても暖かな5月の頃でした。

自動ドアが開き、店の中に入り、
カウンターに案内された時、

 

衝撃が走ったのです。

 

カウンターの向こうにある、制服姿のかわいらしい笑顔に、
青年は一目惚れをしたのです。

それは、まさに
運命的な出会いを感じた瞬間でした。

 

その夜から、
青年は友人達との会議が始まりました。

カウンター越しのギン子ちゃんに、
どうやってデートに誘うか。。。という会議は、
毎晩のように深夜にまで及びました。

 

二ヶ月ほど続いた真剣な会議の末、
ついに実行の時が来ました。

意を決した青年は、心臓が飛び出そうな心持ちで、
通帳とお金と一緒に、小さな紙切れを渡しました。

「お仕事終わりましたら、少しお話させていただけませんか。。。。。」
というメッセージを書いた紙切れは、

 

その紙切れは、、、

「入金でございますね」の、
ギン子ちゃんの笑顔とともに、

「こちらは結構ですので」と、
即座に青年のところに返されたのでした。

 

青年の運命的な恋は、
一瞬にして終わりました。

 

肩を落として結果を友人達に報告すると、
同級生のお母さんがやっている、
スナックに連れて行ってくれました。

いいやつらだ。。。と青年は、
涙がでるほど熱き友情に、感動していました。

 

そして友人達は、青年にカラオケを歌わせるために、
当時流行っていた曲を、勝手に入れたのでした。

「愛はかげろう つかのま~のいのち~♪」

青年は熱唱しました。

真剣な恋は、酒のつまみのような笑いに変わり、
夜は更けていくのでした(泣)

 

※くれたけカウンセラーQuestion#20 あなたの「恋」について語ってください。

 

今日もありがとうございました。

竹内 嘉浩心理カウンセラー
There is no time like the present.
毎日のブログはこちらで書いてます 

カウンセリングの予約はこちら