お花

 

誰かが心にしまい込んだものは、

自然な存在に、しっかりと触れると、
自分でのぞいてみようと思ったり、

もしかしたら、
その内に溶けてしまったりすることもあります。

 

お花がそこに在るだけで、
心が潤うように、

自然なあなたがそこに居るだけで、
良いのかと思います。

あなたがあなたで在るために
その人がその人で居れるように

 

今日もありがとうございました。

竹内 嘉浩心理カウンセラー
There is no time like the present. ・毎日のブログはこちらで書いてます  ・カウンセリングの予約はこちら