「ひとつ山を登ったら、その向こうに、また山がありますよ」

こんな事をお伝えすると、

「わー楽しみだな」と、
嬉しそうに、その山の登り方に話が弾む方と、

「えーまだ登らなきゃいけないの」と、
辛そうな表情を見せる方が、いらっしゃったりします。

 

山登りが楽しいと感じとれたら、

ひとつ目の頂に立っても、
そして、また登り始める時も、

常に充実した気持ちで過ごすことになります。

 

嬉しく感じる方と、辛く感じる方の違いは、
今を楽しめているか。ということかと思います。

 

環境とか、周囲の誰かとか、時代とかは、少し頭から外して、
自分自身が楽しめるには?と疑問を投げてみて、

ひとつ出た小さなアイデアを、ほんの少しでも実行に移していくと、

今やっていることで、自分らしくないことを、
少しずつでも遠ざけていくと、

ふと気付いた時に、
とても充実している今が、繰り返されていることに気付いたりします。

 

山に登ること自体が楽しくなると、
自分へのご褒美も、それほど必要でなくなったりします。

自分の中にある心の景色を知ると、
外側の景色の美しさに気付けたりします。

Groningen-city-Center-license-free-CC0

今日もありがとうございました。

竹内 嘉浩心理カウンセラー
There is no time like the present.
毎日のブログはこちらで書いてます 

カウンセリングの予約はこちら