千葉県に住む姉が、帰省していました。
義兄や甥や両親、子供達が集まり、賑やかな時を過ごさせていただきました。

我が両親は健在ではありますが、
二人共、日本の平均寿命を越える年齢に差し掛かっています。

年に二回ほどの帰省で、姉はあと何度親子の会話を交わせるのでしょう。
その気持は、どんなものなのでしょうね。

親子

「会いたいね」と言いながら、
数年会っていない人とは、あと何度会話ができるのでしょう。

少し気になる離れ方をしているあの人とは、
万が一のことがあれば、会話を交わすチャンスが無くなってしまうかもしれません。

決して焦ることでは無いかもしれませんが、
何か頭を過ることがあるなら、行動に移してみるとよいかもしれませんね。

今日もありがとうございました。

竹内 嘉浩心理カウンセラー
There is no time like the present. ・毎日のブログはこちらで書いてます  ・カウンセリングの予約はこちら