いろんなことは、うまくいく事を前提にやっていくのですが、

うまくいかなかったこと自体が、うまくいくことへのプロセスだから、うまくいかない事の後悔は、出来たらしないくらいの方がいいと思います。

反省をするよりも、未来の糧として考えた方が望む場所にたどり着きやすいです。

うまくいかない時を、しっかりと味わい尽くしてみるのが良いと思います。我慢するのではなく、抜けだそうと思うのでなく、素直に感情に寄り添い尽くしてみる。

現状を一旦脇に置いて、純粋に好きな事をしてみるのも良いかと思います。フォーカスし続けている問題は、一旦忘れることにより俯瞰して見ることが出来たりします。

解決方法はいくらでもあるんです。その方法論は巷に溢れていますが、自分の感情を置き去りにして方法を受け取っても、その方法自体に確信が持てないので、行動する気が起きにくくなります。

その行動する気が起きないというのは、ある意味、本来のあなたらしさの道筋から外れているよーという、心の違和感(メッセージ)かもしれません。

方法を探すのでなく、起きている事に対し、そこから出てきた感情をしっかりと感じることで、本来の道を指し示す方法を、自然に感じ取ることができるようになれたりします。

起きてる出来事を信じて、あなた自身を信じて

うまくいくことは、いつも自然(ナチュラル)だったりします。

私の心

今日もありがとうございました。

竹内 嘉浩心理カウンセラー
There is no time like the present.
毎日のブログはこちらで書いてます 

カウンセリングの予約はこちら