幼い彼女は、靴を履いていた

高価で見栄えの良い靴だが、
重くてサイズも合わず、歩くのが困難だった

だから、
彼女は、靴を履く事が嫌いになった

 

彼女は、内緒で靴を脱いでみた

足元は軽くなったが、
進む道中に、沢山の痛みをつくってしまった

靴が嫌いな彼女は、
悩んだ挙句、思い切って別の靴を履いてみた

その靴は、彼女の望む方向へ
自由に足を進めてくれる靴だった

 

魔法の靴を履ける条件が、2つあった

ひとつは、今履いている靴を脱ぐ事

もう一つは、それが魔法の靴かどうかは、
履いてみないと、判らないという事

 

彼女は、これをクリアした

 

くつ

今日もありがとうございました。

竹内 嘉浩心理カウンセラー
There is no time like the present. ・毎日のブログはこちらで書いてます  ・カウンセリングの予約はこちら