年齢を重ねていくと、
当然ながら体力が衰えてきます。

なので、

本当にしたいと思うことを、
選んでするようになったりします。

そして、目が見え辛くなるので、
本当に読みたい本だけ、読むようになったり、

視覚よりも、感覚を使うようになれたりします。

 

人の体の仕組みは実に巧妙で、

年齢と共に、
必要でないものを手放せる様に出来ているのでしょうか。

衰えたものと引き替えに、
ちゃんとギフトが用意されている気がします。

 

 

あたりまえのことかもしれませんが、

あたりまえにあるように見える、

幸せに気付けないことが、
不幸ということなのかも知れませんね。

お米

今日もありがとうございました。

竹内 嘉浩心理カウンセラー
There is no time like the present.
毎日のブログはこちらで書いてます 

カウンセリングの予約はこちら