「ここに全部置いていってください」と、お伝えしたりします。

一人で抱えていたそれは、
お墓まで持って行こうと思っていたものなのかも知れません。

抱えきれなくなったそれは、
誰かと共有する事で、ラクになれたりします。

 

そして、抱えていたそれを手放せた時、
忘れたくて、消したくて、捨てたくて仕方がなかったそれは、

この人生を送る上で、とても大切なものだったと気付いたりします。

 

バター

 

今日もありがとうございました。

竹内 嘉浩心理カウンセラー
There is no time like the present.
毎日のブログはこちらで書いてます 

カウンセリングの予約はこちら