100回の内の1回でも出来たら、
1%のちいさな「出来た」に、意識を向けよう。

その、
わずか1回の「出来た」は、認めてあげると、

時の経過とともに、
アメーバみたいに増殖していくんだ。

だから、
出来ないことに目を向けないで、
出来ていることに、ちいさな喜びを感じて、

そのちいさな喜びを、褒めて育ててあげてください。

スープ

実は、100分の1回から、2回になる日数と、
100分の50回から、100%の100回になる日数は、

同じ日数だったりするのです。

途中で、投げないでね。

ゆっくりでも良いから、
あなたの小さな「出来た」を、育ててみてください。

今日もありがとうございました。

竹内 嘉浩心理カウンセラー
There is no time like the present.
毎日のブログはこちらで書いてます 

カウンセリングの予約はこちら