何年か前に飲み会の席で、「ホノルルマラソンに行こう!」と思いつきで言ってみた。

同席していた同い年の友人(女性)は、全くマラソンの経験も無く、走ることすらキライな人だったが、今はなんと、フルマラソンの大会に出場して、上位入賞までしているそうだ。

尊敬の念を持って、フルマラソンまでに至った経緯を聞いてみた。

はじめは、近所の神社にお参りに行きたくて、その短い距離を走っていたそうだ。そして、とても自然に、遠くへ目的地が移っていったらしい。

まさに、小さなステップを楽しみながらという、成功のパターンである。

彼女に会うと聞かれる。
「走らないの?」と。。。

返す言葉もない。

靴

 

今日もありがとうございました。

竹内 嘉浩心理カウンセラー
There is no time like the present.
毎日のブログはこちらで書いてます 

カウンセリングの予約はこちら