小学生の頃、近所に川がありました。
ある日、
向こう岸へ届くようにと、小石を投げてみました。
小石は途中で失速し、川の中にポチャリと落ちました。
届けと願いながら、何度も投げてみました。
しかし、
何度も投げても届きませんでした。
それから、
学校が終わると、ほぼ毎日小石を投げていました。
それでも、
願いに反して、向こう岸に届くことはありませんでした。
次第に小石を投げる事自体が習慣になり、
習慣になった頃に、
小石は向こう岸に、すんなり届くようになりました。
Ripples & sparkles - 無料写真検索fotoq
photo by tanakawho
届かせるという執着から、
投げるという行動自体に意識を向ける事で、
余分な力が抜けたのでしょう。
とても貴重な体験でした。

今日もありがとうございました。

竹内 嘉浩心理カウンセラー
There is no time like the present. ・毎日のブログはこちらで書いてます  ・カウンセリングの予約はこちら