ナチス政権下での、
強制収容所におけるV.E.フランクルの手記。

暗い話と思い、最初興味は持てなかったのですが、
当時、尊敬する方に薦めていただき、この本とのご縁になりました。

心理学者の冷静な視点で、
自身や他者の心の動きが、鮮明に書き綴られています。

それは、悲しみや怒りにフォーカスしたものでなく、
人間の尊厳や自由、希望や愛を感じる事ができると思います。

「私から奪えないものがある。それは私に起きたことに対して、
私がどのように反応するかというその自由だ」
ビクター フランクル

深い言葉や気付きを、随所に感じさせていただける本です。

 
夜と霧 新版/みすず書房

¥1,575
Amazon.co.jp

 

今日もありがとうございました。

竹内 嘉浩心理カウンセラー
There is no time like the present.
毎日のブログはこちらで書いてます 

カウンセリングの予約はこちら