話がかみ合わなかったり、
何かを伝えると否定ばかりする人が、いるとします。

それは、もしかすると、
素直な気持ちを、
自分が正直に、相手に伝えていないからかも知れません。

これを言ったら怒られるだろうなとか、
反対されるだろうなとか、

伝える事に、
恐怖心が沸くかも知れませんが、

心から余すことなく、
ホントの気持ちを伝えてみると、
今まで敵と思っていた相手が、
すごく頼もしい味方になってくれたりもします。

 

きっとそれは、
自分の心が、相手を否定していたからなのかも知れません。

ただ、もしかしたら正直に伝えても、
相手は否定を続けるかもしれません。

でも、自分の正直な気持ちを伝える行為は、
自分自身の心の中には、必ず光を灯してくれます。

その光は、これから先の心地よい空間に、
きっと導いてくれる事でしょう。

青葉

今日もありがとうございました。

竹内 嘉浩心理カウンセラー
There is no time like the present.
毎日のブログはこちらで書いてます 

カウンセリングの予約はこちら