ベッドに身を預けると、
自分の身体の存在を、感じる事ができます。
後頭部から
肩から
背中から
腕から
指先から
お尻から
太ももから
かかとから
つま先から
その重みを支えながら、
僕らは、毎日を過ごしている。
そんな自分を、
誰よりも、
愛おしく感じてあげてください。

今日もありがとうございました。

竹内 嘉浩心理カウンセラー
There is no time like the present.
毎日のブログはこちらで書いてます 

カウンセリングの予約はこちら