「○年前に仰っていた言葉が、今すごく理解できるようになりました」と、
その方は伝えて下さいました。
今まで意識のアンテナを張られて、
前を向いて歩んでこられたのでしょう。
前進をして、目の前の事への対処は、
結果はどうであれ、魅力的な人生を作ってくれます。
歩いていく事自体が、心の筋肉を作ってくれたり、
時が来れば、次のチャンスを与えてくれたり、
それが経験となり、自然に土台が作られていくのでしょう。
選択した先には、
どちらを選んでも、学ぶ経験と喜びしかありません。
そして、目標を達成するための方法は、
ある意味、それ程重要でないのかも知れません。
歩きたいという気持ちに正直に、
休息をしたいという気持ちにも正直に、
結果がどうなるのかは、我々の責任では無いし、
最良のタイミングを、委ねられているものだと思います。

今日もありがとうございました。

竹内 嘉浩心理カウンセラー
There is no time like the present.
毎日のブログはこちらで書いてます 

カウンセリングの予約はこちら