日曜日、友人と別れ、
彼女は地下鉄に乗り込んだ。

明日から出勤だ。

この瞬間が、時に寂しく感じる。
仕事が好きで無いからなのか?と自問し始める。
そして、いろんな思いを巡らせながらも、
電車はいつもと変わることなく走行している。

地下鉄を降りて、
彼女は揺れたその心を、真ん中に置きなおした。

何を成し遂げたとか、どんな夢を実現したかの前に、
この世に生まれ、そして今日まで生きている。

そんな自分に、価値を置こうと思った。

$「あるがままに生きる」-カフェ

 

今日もありがとうございました。

竹内 嘉浩心理カウンセラー
There is no time like the present.
毎日のブログはこちらで書いてます 

カウンセリングの予約はこちら