到達したいと願い、ひたすら歩んできたが、
宝を得る事は無かった。
こぶしをぐっと握り締め、
苦悩に顔をゆがめていた姿が、その時にあった。
そして、
時が経過した今、こんな言葉を発してくださった。
「宝を求めて歩んでいた道程こそが、宝だったのですね」
道はいつだって続いていて、
踏みしめている大地は、貴重な宝物だと気づかれたそうだ。
「タカライッタヂャン^^」
しょーもない返しで、
素敵な言葉を台無しにディナーと共に楽しんだ。
$「あるがままに生きる」-ディナー
ありがとうございました。

今日もありがとうございました。

竹内 嘉浩心理カウンセラー
There is no time like the present.
毎日のブログはこちらで書いてます 

カウンセリングの予約はこちら