何かが欲しいと、ダダをこねて泣いている少年がいた。
そして、その子を怒っているお母さんがいた。
その子が求めているものは、目の前のモノじゃなくて、
見つめてくれる心なのかも知れません。
怒っているお母さんも、もしかしたら、
その子と同じものを、求めているのかも知れません。
愛で満たされますように・・・
愛に気づきますように・・・

今日もありがとうございました。

竹内 嘉浩心理カウンセラー
There is no time like the present.
毎日のブログはこちらで書いてます 

カウンセリングの予約はこちら