山済みの課題を抱えて、苦悩している人。

もしそれが、会社の部下だったら、
自分なりのアドバイスをして、笑顔で送り出すのかも知れない。

もしそれが、大切な友人だったら、
何も言わずに食事に誘い、たわいも無い会話をするのかも知れない。

もしそれが、自分の子供だったら、
「何があっても、私はあなたの味方だから・・・」と伝えるのかも知れない。

もしそれが、親だったら、
「いつもありがとう!オレは信じてるから」とメッセージを送るかもしれない。

エール

決して、文句を言ったり、ケチをつける事は得策ではないと思う。

もしそれが、テレビの向こうにいる人だとしても、
それは、同じ事だと思う。

今日もありがとうございました。

竹内 嘉浩心理カウンセラー
There is no time like the present.
毎日のブログはこちらで書いてます 

カウンセリングの予約はこちら