人生の大先輩に、食事をご馳走になる。
食事が済んで、ご自宅に少しお邪魔させていただく。
とてもおいしかった事を、大先輩の家族の方にお話をすると、
「○○をどうしても食べさせたくて、お店に頼んでたみたいよ♪」
と言われた。
ご本人は、その事を全く口には出されなかったので、
そのあたたかな思いが、さらに心にじーんと・・・
心もお腹も満腹で、溢れそうでした。

今日もありがとうございました。

竹内 嘉浩心理カウンセラー
There is no time like the present. ・毎日のブログはこちらで書いてます  ・カウンセリングの予約はこちら