ベッドに持ち込んではいけないもの

それは
ネガティブな感情

迷いや悩みを、布団に入って考えていると、
次の日の朝は、確実にスッキリしません

就寝前は、良きイメージをしたり、
楽しい事を考えたり、無(何も考えない)の状態にすると、
翌日の調子は、格段に違ってくると思います

ネガティブな感情も、必要な感情のひとつですが、
お布団の中へは、立ち入り禁止にしましょう。

ベッドには、喜びと希望と安らぎを共に

今日もありがとうございました。

竹内 嘉浩心理カウンセラー
There is no time like the present.
毎日のブログはこちらで書いてます 

カウンセリングの予約はこちら