民家に紛れて存在する、一件のお店
日の光を浴びながら、
ゆったりランチを、楽しませていただいた
緊張の合間に、緩和の時間があると、
すっと、閃きが降りてきたりする
この時期は、
街を歩いたり、車を走らせていると、
忙しない空気を感じる
だからこそ、少しでも無の時間を作る
やりたい事は、たっぷりあるのかも知れない
だからこそ、無の時間を作る
それが、効率を作り出すのだから
街の忙しなさも、
街に忙しないという現象があるわけで無く、
自分自身が自分のスクリーンに、映している事なのだから
$「あるがままに生きる」-カレー
お店の名前・・・忘れた・・・ごめんちゃい!

今日もありがとうございました。

竹内 嘉浩心理カウンセラー
There is no time like the present. ・毎日のブログはこちらで書いてます  ・カウンセリングの予約はこちら