言葉によって、
相手の心のスクリーンに、リアルな映像が描かれたりします。
例えば、
トレイにジュースを乗せて、危なっかしそうに運んでいる子供に、
「こぼさないでね!」と言うと、子供はジュースをこぼす映像を描き、
こぼす確率は断然上ってしまいます。
「上手に運んでくれるね♪」等の言葉がけが妥当かと思います。
草野球で、バッターボックスに立ってる友人に、
「三振するなよ!」と言うと、三振する確率が格段に上ります。
「三振」という言葉を「するなよ!」で否定した言い回しですが、
言い回しは関係なく、人間は、その言葉のみを受け取ってスクリーンに映します。
「思い切っていこう!」とか「一発頼むぞ!」の方が、打率は上ると思います。
「風邪引かないように気をつけてね」も、気遣いの言葉ですが、
風邪を引くというイメージが生まれるので、
「お元気で!」「お体ご自愛下さい」「あたたかくしてお休み下さい」等、
言い回しを変えると良いかと思います。
そして、言葉に出した本人が、
最もそのイメージを受け取り易いのも確かです。
意識という、心のスクリーンに映るものを少し工夫すると、
日々の生活も、今より良好に展開していくのでしょうね(^^)
それでは、今日もお元気で♪

今日もありがとうございました。

竹内 嘉浩心理カウンセラー
There is no time like the present.
毎日のブログはこちらで書いてます 

カウンセリングの予約はこちら