何年ぶりなのでしょうか・・・
久し振りに、プロ野球観戦へ行かせていただきました(^^)

一番見たかったのは、立浪和義選手。
入団当時から、天才と呼ばれ、

美しい守備や、バッティングの素晴らしさは、
まさに芸術的で、見てるだけでワクワクさせてくれる選手でした。

厳しいプロの世界で、もちろん才能だけでは、
22年もの現役生活は、継続は出来なかったでしょう。

 

以前、立浪選手と、
同じ町内に住んでいたことがあります。

たまたま、お目に掛かった時、
その体の小ささに、びっくりしました。

公称では、僕と同じ身長なのですが、
おそらく、もう少し小柄なのではと感じました。

きっと様々な紆余曲折の中で、
現役生活を、続けられてこられたのだと思います。

彼が、プロの世界に入られた年に、
僕は、経営者という肩書きを持たせていただきました。

経営者は自分の意志さえあれば、死ぬまで続ける事が出来ますが、
プロ野球選手は、そうはいきません。

現役生活に、間もなく幕を閉じられる立浪選手。
ご本人も、いろんな思いを持って、
最後のプレーをされてみえるのでしょう。

今日も、見事なヒットを打ってくれました。
試合終了後、観客に向かって、
手を振る姿を見ることが出来て、本当に良かったと思いました。
$「あるがままに生きる」-名古屋ドーム

今日もありがとうございました。

竹内 嘉浩心理カウンセラー
There is no time like the present. ・毎日のブログはこちらで書いてます  ・カウンセリングの予約はこちら