カウンセリングを始めた頃、
お会いする方々が、次々と良い状態に変化をされていくので、
自分は、天才セラピストじゃないかと思っていた。

今考えると、めちゃくちゃ恥ずかしすぎる勘違い・・・
結局、自分以外の何かが、
自分を通して、メッセージを降ろしてくれているのだ。

それは、自分の力でも何でも無く、
感謝以外何ものでもない。

誠実なビジョンを持って、何かを進めていくと、
ピンチになっても、誰かを介して必ず何らかの手助けが舞い降りてくる。

それは、
信じられないミラクルである。

不安が湧き上がるのは、見えざる力を信じていないから
常に良き方向に導いてくれるガイドに、ある意味失礼なのかも知れない。

丁寧に、穏やかに、
目の前の事を、こなしていくだけ。

無駄な事なんて、何一つ起こらない。
そう考えてしまった方が、どれだけ心が楽になることか。

「ありがとうございました!」
見送る車の窓を開け、
夜の空に発したその方の言葉を、僕も復唱した。

ひと足先に、
台風が過ぎ去った気持ちにさせていただいた。

今日もありがとうございました。

竹内 嘉浩心理カウンセラー
There is no time like the present. ・毎日のブログはこちらで書いてます  ・カウンセリングの予約はこちら