映画「プール」を観た
チェンマイに、行きたくなった
揚げバナナが、食べたくなった
プールサイドで、寝そべりたくなった
プールの水が澄んでいるのは、
そこに暮らす人達の心を、表現しているのだと思った
主人公の生き方は、
きっと、幸せを周囲に導いていくのだと思った
とっても、素敵な映画だった
どんな所が、素敵だったか?
理由なんて、愛ひとつで十分だ♪

今日もありがとうございました。

竹内 嘉浩心理カウンセラー
There is no time like the present. ・毎日のブログはこちらで書いてます  ・カウンセリングの予約はこちら