停めた車の窓から、少年を見る。
小さな体に、カバンを背負った少年は、
家の玄関の前で、しっかりと立っていた。
少し経った後、
そこに母親が走り寄っていった。
徐々に表情を崩していった少年は、
優しげな母親の両腕に、しっかりと包み込まれていた。
愛が溢れる光景だった。
そんな安心があるから、人は歩んでいけるのだろう。
そして、
どんな状況下でも、人は安心を得られる筈なのである。

今日もありがとうございました。

竹内 嘉浩心理カウンセラー
There is no time like the present. ・毎日のブログはこちらで書いてます  ・カウンセリングの予約はこちら