ある会合で、
「カウンセリングをされ、弱者救済にも努められて・・・」と、
ご紹介をしていただいた。
全く悪気は無く、
ご紹介いただいたお言葉と思いますが、
カウンセリングに
弱者救済という意識は、全く無いのです。
何かに気付いたり、乗り越えたりして、
それぞれのステージを上げていく事は、
人として生まれれば、誰しも通る道。
それぞれの道のりを、楽しく歩いていく為のお手伝いを、
させていただいているだけなのです。
対価を支払って、より良い人生にしようと思っている、
とてもレベルの高い方々と、僕は接していると思ってます。
ちょっぴり、こだわり(^^)

今日もありがとうございました。

竹内 嘉浩心理カウンセラー
There is no time like the present.
毎日のブログはこちらで書いてます 

カウンセリングの予約はこちら