グローブとボールを持って、キャッチボールをする。
投げて取って、また投げて・・・

単純なやりとりなのに、とても楽しい。

当たり前の事ですが、
相手がグローブをつけていないと、ボールは投げられません。

受けてくれるという意志が、相手にあるから、
安心して投げ込めるのでしょう。

そして、当たり前のことですが(笑)

自分がグローブをつけていないと、相手は投げる事が出来ません。
 ( ・д・)/--=≡(((●

グローブを用意して、誰かに声をかけてみよう♪

今日もありがとうございました。

竹内 嘉浩心理カウンセラー
There is no time like the present.
毎日のブログはこちらで書いてます 

カウンセリングの予約はこちら