「結局は、自分なんですよね」
少しの期間を持って、彼女は嬉しい言葉を発してくれた。
恋人の言葉に、憔悴していた彼女。
しかし、相手の言葉や行動は、
全ては自分の為の、メッセージと解釈できた時、
心は軽くなり、相手をコントロールするより、
自分自身がどうしたいのかに、意識が向いていった。
そして、心が離れていた恋人との関係は、
徐々に距離を縮め、より太い糸で繋がりはじめた。
その先二人は、どう展開するのかは判らない。
ただ、
発してくれた言葉が、腑に落ちている限り、
彼女は幸せを、感じ続けるのでしょう。

今日もありがとうございました。

竹内 嘉浩心理カウンセラー
There is no time like the present.
毎日のブログはこちらで書いてます 

カウンセリングの予約はこちら