家族と、近所のスーパーへ行った。
買い物を済ませて外に出ると、
突然、家族の一人がつぶやいた。

「宝くじ、買おうか♪」

今まで、
そんな事を全く口に出した事が無いのに、

そして、私も賭け事は、
20代前半の頃から、全く興味が無くなっていたので、
大学生の頃以来、宝くじを買った記憶も無かった。

でも、何故か今日は・・・
チャンスセンターに吸い寄せられた。

 

遊び心で、ウチの猫の名前と同じ、「ご当地クーちゃん」という、
200円のスクラッチを2枚と、100円の宝くじを6枚、
丁度1,000円になるように、購入をした。

そして、
その場で、2枚のスクラッチを2人で削った。
私が削ったスクラッチは、
見事5等の、200円を引き当てた。

その当り券と引き換えに、
もう一枚、200円の「ご当地クーちゃん」を購入した。

そして、
また、その場で削ってみた。

すると・・・

 
9つあるマス目は、数字が出てくるはずなのに、
一マスだけ、クジラ(クーちゃん)の絵が描かれていた。
「あるがままに生きる」-クーちゃん
意味が判らなかったので、チャンスセンターのおねえさんに、
「この絵は、何ですか?」と聞くと

 

 

「お客さん!これ、当ってますよ♪」

「私も初めて見ましたので、今確認してみますね!」

 

結局、クジラのクーちゃんの図柄は、
7万円の当りという事でした(^^)
また、引き寄せてしまった・・・

その瞬間から、
家族から私は、「ラッキー・ボーイ」と呼ばれる様になりました(笑)

 

そして、今夜、
緊急家族会議が、始まるのでした。

つづく

ちなみに、
こんな紙も、もらえました。
「あるがままに生きる」-当りの紙

今日もありがとうございました。

竹内 嘉浩心理カウンセラー
There is no time like the present.
毎日のブログはこちらで書いてます 

カウンセリングの予約はこちら