小学生の頃から、アメリカで暮らしたいという夢があった。
悠々とした自由が、そこにあると思っていた。

しかし、今は全くと言っていいほど、興味がなくなった。

それは、アメリカの経済状況が原因では無く、
自分自身の望んでいる価値観が、変化してしまったから。

 

アメリカの象徴であった自動車業界、
クライスラー社が、破産法申請となった。

以前にも、ピンチはあった。

1970年代後半に起きたオイルショック。
そのあおりで、倒産寸前になったクライスラー社を、
劇的に復活させたのは、ご存知リー・アイアコッカ氏だった。

当時、数十万人の雇用を救ったアメリカ産業界の英雄は、
今何を思っているのだろう。

アイアコッカ氏は、こんな言葉を残している。
I have found that being honest is the best technique I can use.
(私は、誠実こそが自らとりうる最良のテクニックであることに気づいた)

現在彼は、電気自動車の会社を経営しているそうだ。
国に、経済に、レジャーに求めても、自由は存在しないのかもしれない。

自らが感じる心そのものが、自由なのだと思う。
ソコじゃなくてココにある(笑)

個々にあるとも言う(くどい・・・)

アメリカを求めて、ここに居る事の喜びを知り、
改めて、海外旅行にでも出かけてみたいと思っている。

 
「あるがままに生きる」-アイアコッカ
ぷにょぷにょの手でした(^^)

今日もありがとうございました。

竹内 嘉浩心理カウンセラー
There is no time like the present.
毎日のブログはこちらで書いてます 

カウンセリングの予約はこちら