昨日は、良い休日を過ごさせていただきました。
起業したての頃は、
「経営者は、休日が無いのが当たり前」という概念がありました。
休む事は、罪悪という意識があったかも知れません。
その後、
「時間の余裕を持った経営者」を目指しました。
充分な時間のゆとりを持った経営者が、優秀だと思ってました。
そして、
殆ど仕事をしない時期を、2年ほど続けました。
結果、
それらの概念は、どうでも良い事に気付きました。
自分自身が心から望んでいれば、
スケジュールがタイトであろうと、無かろうと、
どちらでも構わないのです。
心にゆとりや豊かさを感じていれば、
そのテンポが、「今を幸せに生きている」という事なのでしょうね。

今日もありがとうございました。

竹内 嘉浩心理カウンセラー
There is no time like the present.
毎日のブログはこちらで書いてます 

カウンセリングの予約はこちら