彼女は、
ひとつの道を選択しようとした。
しかし、望んでいる方向であるのに、
体のどこかに違和感を、感じていた。
関わっている人達に、
誠実に、素直な気持ちを話してみた。
皆が、彼女の道に協力してくれるようになった。
ひとつの道に、プラスαのおまけが付いた。
そして、彼女の違和感は、無くなった。
時に、
素直な気持ちを伝える事で、
傷つく時もあるかもしれない。
でも、素直でい続ければ、
その思いが、喜びという焦点に、
徐々に合ってくるものだと思う。
正直に生きながら、飛べる事。
それは、最高の生き方ですね♪

今日もありがとうございました。

竹内 嘉浩心理カウンセラー
There is no time like the present.
毎日のブログはこちらで書いてます 

カウンセリングの予約はこちら