会社が倒産をした。
大勢の社員が、怒りと共に権利を主張する中で、
夫は、その事態をただ受け入れた。
その会社は、自分の意志で選んだ道。
そして、経営陣のやり方が、例え世間一般に悪と言われていたとしても、
悪に向ける怒りも、また悪であると思っていた。
経済の安定しない生活を送る中、
おしゃれが大好きだった妻は、
自分の洋服を控え、夫のシャツを買った。
新しいシャツに袖を通しながら、
夫は妻に対する感謝と、幸せな気持ちに溢れていた。
そして、妻も幸せを充分感じていた。
どんな状況に遭遇しても、
心の持ち方一つで、幸せはやってくる。
そんなメッセージを、見せていただいた瞬間でした。

今日もありがとうございました。

竹内 嘉浩心理カウンセラー
There is no time like the present.
毎日のブログはこちらで書いてます 

カウンセリングの予約はこちら