長い夫婦生活を過ごし、発病から2年。
そして、最期の時を迎える。
妻は、病床の夫の手を握り、こう告げた。
「生まれ変わっても、一緒になってくれる?」
言葉を発する事の出来ない夫は、目を閉じ深く頷いた。
そして、夫は旅立っていった。
今年起きたその出来事を、いつもの明るい表情で、
時折目に涙を浮かべながら、話してくださった。
お話を伺いながら、僕も泣いてしまいました・・・
そして、お子様の居ないその方は、
残った財産も、自らの体さえも、世の中に提供されるそうだ。
素晴らしい生き方に、深い深い尊敬の念を抱いた。
バッグから取り出して、
見せていただいた、ご主人の写真は、
もちろん、とっても輝いていらっしゃいました(^^)

今日もありがとうございました。

竹内 嘉浩心理カウンセラー
There is no time like the present.
毎日のブログはこちらで書いてます 

カウンセリングの予約はこちら