足元のおぼつかない子供が、
キッチンから居間へ、お盆にジュースを乗せて運んでくれている。
その母親は、子供に声をかける。
「こぼさないでね」
その言葉掛けで、ジュースをこぼす確率はUPする。
こぼすという映像を、子供は頭の中に描くからだ。
「上手だね、○○ちゃん」
このほうが、適切な声掛けなのだろう。
大人の世界でも、同じ事である。
「そんなことしていたら、いつまでたっても旨くいかないよ。」
「だから、ダメなんだよ。」
こんな言葉を、誰かに発していたら、
旨くいかないイメージが、
相手の頭の中にイメージされるであろう。
言葉の発し方、重要ですよね♪
そして、自分自身に発する言葉がけも・・・

今日もありがとうございました。

竹内 嘉浩心理カウンセラー
There is no time like the present.
毎日のブログはこちらで書いてます 

カウンセリングの予約はこちら