「よしひろちゃん!」
後にも先にも、たった一人、私をちゃん付けで呼ぶ人がいた。

既に他界をしている、お婆ちゃんである。
祖父は自動車会社を、経営していた。

母を産んでから直ぐに病死をした祖母の後に、
後妻として迎えられたのが、このおばあちゃん。

聞いた話では、母が幼き頃、お手伝いさんが十数名もいる、
かなり裕福な家庭だったそうだ。

母の小学生だった頃、突然祖父は亡くなり、
家庭は、貧乏のどん底に突き落とされた。

その時、血のつながりも無い母や叔父を、
愛を持って育ててくれたのが、おばあちゃんである。

 

若い頃のおばあちゃんの写真は、めちゃ美人でした。
大やけどを負って、生死の境をさまよう叔父さん(息子)の為に、
貧乏な時に、治療する術を全国を探し回っていたらしい、おばあちゃん。

 

私と触れ合ってくれたお婆ちゃんは、
祖父の姿を投影させながら、男としての美学をやさしく教えてくれた。

90歳を過ぎた頃、床に臥す事が多くなった。
「私が夏に死ぬと、お参りにみんなが来てくれるのは暑いだろうし、
冬に死ぬと、みんなが寒いしなぁ」と言っていた。

そして、数年前の4月15日。
春の暖かな日差しが差す季節に、おばあちゃんは逝った。
おばあちゃんは、散り際までかっこよかった。

祖母の居る、墓前に手を掌わせると、
今も「よしひろちゃん!」という声が聞こえてくる。

血が繋がって無くても、おばあちゃんが居たから、私も生かされている。
全ての祖先に感謝です・・・

今日もありがとうございました。

竹内 嘉浩心理カウンセラー
There is no time like the present.
毎日のブログはこちらで書いてます 

カウンセリングの予約はこちら