同じ時期に、同じような出来事をお聞きしました。

1、販売員の女性から

仕事を始めて数ヶ月。
クライアントさんから、初めて紹介をいただいたそうです。
「あなたに知り合いを、是非紹介したい。」と
言ってくださったそうです。

しかし、それを聞いた上司は彼女に、
「あなたはまだ、その商品について
うまく説明できないから、私が行きます。」と・・・
彼女は、自分を認めていただいたクライアントさんからの紹介なので、
責任を持って商品の勉強をして、自ら出向きたいとの事でした。

2、会社員の男性から
同業者間の発表会でのレポート作成を任命され、
レジュメを作る。
上司に提出した後、何もアドバイスを受けることなく
校正どころではなく、全く異なる文章に改正されていた。
一生懸命書いた思い入れを、踏みにじられた形になった。

彼は自分なりメッセージを発表したい、と語ってくれました。
それぞれ社内での状況も、あるかもしれませんが、
部下を認めてあげる事や、実際に行動させてあげる事
見守ってあげる事により、人は育っていくものだと思います。
そして両人には、上司に自分の思いだけはしっかり伝える大切さを
お話させていただきました。

 

結果、1番の彼女は、紹介者から販売実績を残しました。
2番の彼も再度、自分の言葉で校正を重ねています。

当時少し落ち込んでいた2人は、
生き生きと現状を語ってくれました。
人は、認められることで、本来の実力を発揮するのですよね(^^)
それを実感した一日でした♪

 

今日もありがとうございました。

竹内 嘉浩心理カウンセラー
There is no time like the present.
毎日のブログはこちらで書いてます 

カウンセリングの予約はこちら